大人のバレエ上達倶楽部

大人バレエ初心者の「レベル底上げ」実現させます

バレエ初心者に通販バレエシューズはNG!魅せるシューズの選び方

こんにちは。大人のバレエ上達サポーター、きよかです。

美しく伸びた足先はバレエをしている皆の憧れですよね。

でも、シューズの選び方が分からなかったり

今のシューズが本当に合っているのか分からなかったりしていませんか?

そんなあなたのために、今回はバレエには欠かせない

シューズ選びについて紹介していきます。

是非、美しい足元を作って下さいね。

 

f:id:kiyoka-honami:20190127122029j:plain

 

初心者に通販シューズはNG!

最近は手軽で手頃な通販も沢山ありますが、

特に身体能力の限られた大人のバレエでは、

怪我を防ぐためにもシューズ選びは慎重に行うべきです。

バレエではドゥミ・ポアントと言って

かかとを上げて足の指側でバランスをとる動きが多く出てきます。

小さな面積で体重を支えるわけですから、

負担を軽減して、レッスンに集中するためにも

特に最初はお店でプロにフィッティングしてもらうことをオススメします。

 

また、レッスンで足の裏に筋力がついてくると、足の形が変わってきて

成長期でなくてもサイズが変わることもあるんですよ。

それによって、知らないうちに今までのシューズが

合わなくなっていることもありますし、

何よりバレエシューズはどんどん進化しています!

定期的に色々試してみることをオススメします。

どうしても近くにお店がない方はサイズ交換OKの通販を探してみて下さい。

 

フルソール VS. スプリットソール

f:id:kiyoka-honami:20190122142615j:plain f:id:kiyoka-honami:20190122142649j:plain

チャコットOnline shopより 左フルソール、右スプリットソール

ソールは見た目が美しく履き心地も良いスプリットタイプを

選びがちですが、出来たら最初はフルソールを履いてもらいたいです。

なぜなら、スプリットタイプを最初から履いてしまうと

自分の力で足裏の筋肉を使わなくても、何となく出来ている風に見えてしまい

いつまで経っても筋力、アーチの無い、ペラペラな足になってしまうからです。

子供のように身軽ではない大人だからこそ、鍛えるべきだと思うんです。

プロは誰でもフルソール時代を経ています。

鍛えると言っても、そんな大げさなものではないので、

少しの違いで是非あなたにも見掛け倒しでなく、

本当に足裏の筋肉を使えるようになってほしいです!

足先の美しさだけでなく、バレエにおいて全ての上達のカギになりますよ。

 

素材はサテン・皮・布地どれがいい?

サテン素材のシューズは普段の練習ではなく、

発表会で履かれることが多いです。 

摩擦に弱く、傷みやすいので、あまり実用的ではありません。

普段の練習用としては選ばないようにします。

 

皮は耐久性があり、使ううちに足にフィットしてきますが、

その分伸びてくるので、最初は少しキツめのものを選びます。

少し厚い分、筋力は鍛えられますが、

初めてのシューズにしては硬すぎるかもしれません。

教室のフロアによっては、摩擦が大きすぎて滑りが悪い可能性もあります。

 

布タイプは馴染みが良く、軽くて動きやすいです。

今はほとんどの人が布タイプを使っていると思います。

しかし皮より薄いため、耐久性には劣ります。

サイズは、履いてみて丁度よいと感じるものを選んで下さい。

 

前皮タイプは足先部分が皮、後ろの部分が布地になっていて

お互いの良いとこ取りをした形です。

耐久性と、動き易さに優れています。

滑りやすいフロアでは、前皮で丁度良い滑り止めになってくれます。

これも丁度よいと感じるサイズを選んでOKです。

f:id:kiyoka-honami:20190122142559j:plain

チャコットより 前皮フルソールタイプ

 

初心者の方は耐久性はそんなに心配しなくても、

すぐボロボロになることはまずありません。

好みの問題にもなりますが、

個人的には軽くて、馴染みが良い布地が一番、次に、前皮タイプがオススメです。

 

目の錯覚で脚長効果を狙う!

たまにピンクは恥ずかしいからとか、

大人だからシックな黒が良いと黒いシューズを選ぶ方がいますが、

脚長効果のためにはタイツの色で選ぶようにして下さい。

あなたが黒タイツ派なら黒でも良いですが、

ピンクタイツや素足なら、ピンク系のシューズを選ぶ方が断然美しいです。

色のコントラストでシューズを目立たせてしまうと、

ラインの流れを止めてしまい、脚が実際より短いか相応に見えます。

少しでも美しく長いラインのために、

タイツや肌と同系色のものを選ぶ方が絶対に得です!

  

あなたへのオススメはこれ!

・ソールはフルソールで少しずつ足裏の筋力を意識できるようにする

・素材は布地か、前皮が履き心地も踊り易さも叶える

・色はタイツの色に合わせて脚長効果を利用する

ここまで紹介してきましたが、教室で指定がある場合もありますので、

不確かな方はご確認下さい!

 

たまに聞かれるので、ちなみにお答えすると、

数年前から私はCapezioのHanamiを使っています。

伸縮性と、足裏のアーチに沿った設計が気に入っています。

それ以前はChacottのストレッチバレエシューズと

ドゥッシュドゥッスゥのReartスーパースプリットシューズを使っていました。

色はピンク系シューズに大体黒のレギンスを合わせています。

レギンスで脚長効果があるので、シューズはピンクタイツや

スパッツの時でも合わせやすいピンク系にしています。