大人のバレエ上達倶楽部

大人バレエ初心者の「レベル底上げ」実現させます

恥ずかしい大人のバレエ あなたは大丈夫?

 こんにちは。大人のバレエ上達サポーター、きよかです。

大人からバレエを習い始めたのは良いけれど、

レッスンは難しくなっていくし、振りは覚えられないし

何か変なことになってしまって恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

でもよく考えてみて下さい。

どんなに一流のプロでもレッスン中、一度も間違えない

なんてことなかなかありません。

この恥ずかしさ、バレリーナへの一歩に変えてしまいましょう!

 

f:id:kiyoka-honami:20190127121207j:plain
 

バレエは◯◯る芸術!  

私の周りで大人になってバレエを始めた方は謙虚な方が多い印象です。

生徒さんでも一番前になったり、少人数になると、

とたんに緊張から動けなくなってしまい、

恐縮して本来の力が発揮できなかったり、ミスしてしまう方が多くいます。

自分の番が終わって「恥ずかしい〜」となっているわけですが、

私からすれば「もったいな〜い」です。

バレエとは本来観せる芸術です。お客さんあってのバレエなんです。

まず恐縮してしまう必要はないので

心の中で「やっちゃった~」と笑って、

(と言ってもなかなか難しいかもしれませんが)

恥ずかしさをチャンスに変える思考転換をしていきましょう!

 

恥ずかしい場面はバレリーナへの大チャンス!

緊張感から頭も景色も真っ白になってしまう経験、私も何度もあります。

そして何かミスしちゃうんですよね。

でも、その恥ずかしい場面が上達への大チャンスなんです。

 

観せる芸術であるバレエにおいて、ミスが起きた時、

一番にするべきことは、必死にどうやってカバーするか考えることです。

これが、上達への大チャンスという意味、

つまりメンタル面だけでなく、

実際に、脳の神経回路を発達させること、

運動神経を鍛えることにも繋がるからです。

ミスした瞬間に、どうやって流れを止めず、出来るだけ美しく

自然に立て直せるか、脳をフル回転させましょう。

例えば、タンジュで左右間違えちゃった!

ピルエットを回りきれなかった!

そんな時、どうやったら出来る限り自然で美しく立て直せるでしょうか?

 

舞台に立つと、本当に有り得ないような事態が起こります。 

私の中で一番恥ずかしかったなと思う、最悪の事態は、

本番の舞台上でターンした時、頭飾りの長いリボンが

丁度目隠しのように固定されてしまい

何も見えなくなったことです。笑

練習でも一度も起こったことが無く、まさに衝撃の事態でした。

 

やはり普段からミスが起きた時、恥ずかしさの方ではなく

臨機応変に対応する方に目を向け

神経回路を作っているのは役に立つことです。

これは、日常生活においても役に立つ場面があるのではないでしょうか。

 

但し、ミスするイメージを持たないこと、が大切です。

ミスするイメージを持って踊ると、本当にそちらに

引っ張られてミスに繋がってしまいます。

以前、別の記事でもお話ししましたが、

脳内で具体的なイメージをすることは、実際に経験するのと

同等の脳細胞を動かし、同等の効力を持ちます。

なので、ミスするイメージを持つというのは、

実際にミスする練習をしてしまっていることとほぼ同じなんです。
 

発展とは衝突である 

あなたもそんな経験があるかもしれませんが、

バレエを続けていたら周りから嫌味を言われたり

嫌な雰囲気で振る舞われることもあります。

ミスが多いと余計に色々と感じることがあるかもしれません。

 

考えを持つことは個人の自由ですから、

その人がどう思おうと、私はその意見を尊重します。

 

でもそんな意見関係なく「私の」上達を目指したい

という自分の意見も尊重します。

 

やはり上手くなるには、恥ずかしい思いもするし、

嫌なことも言われる中で、どれだけ自分を立て直せるかが重要です。

もしあなたにも衝突が起きたら、

その嫌な思いも立て直すチャンスと捉えると良いのではないでしょうか。

周りの意見で、あなたの上達のチャンスを手放さないでほしいです!

 

世の中、色々な人間がいるから面白いのであって、

同じ振り付けで踊っても十人十色なのであって、

芸術も、より美しく発展していくんだなぁとつくづく感じています。

発展に衝突はつきものですから、あまり気にせず、

あなたのゴールに向かって課題を克服していくことに集中して下さいね。

 

今回のポイント

・バレエは観せる芸術である

・ミスや恥ずかしい場面は上達へのチャンス

・流れを止めず臨機応変に対応する神経回路を発達させる

・頭の中でミスのシミュレーションはしない

・周りは気にせず自分の課題克服に集中する

 

ミスして恥ずかしい場面でも、上達へのチャンスに変えよう

という思考回路でレッスンしてみて下さいね。

必ずあなたの力になります。

 

重度ぽっちゃりだった私が実際に体験した「衝突と発展」のお話です。

kiyoka-ballet.hatenablog.com