大人のバレエ上達倶楽部

大人バレエ初心者の「レベル底上げ」実現させます

大人バレエ上達のカギは、ぽっちゃりにあり?!

こんにちは。大人のバレエ上達サポーター、きよかです。

今回はバレエ上達する上で重要な「多角的に考えること」

を私が身につけるためのきっかけになった出来事ついてお話ししていきます。

12才の時、父を亡くしたストレスから、一気に20kg体重が増え

結構なぽっちゃり体型になっていた私ですが、

痩せていた時には知り得なかった、ぽっちゃりだったからこそ学べたことを、

当時大ショックを受けた経験を思い出しながらお伝えしていきます。

 

f:id:kiyoka-honami:20190226074532j:plain
 

私が9才の時から通っていたバレエ教室の先生は

プロダンサーとしても、バレエ教師としても活躍している

バイタリティー溢れた先生で、業界では有名人でした。

先生のおかげで、教室にはよく現役ダンサーや振付家などが

特別講師として講習しに来て下さり、毎回バレエ上達のための

様々なポイントを教えてもらいました。

ある日、有名バレエ団で活躍されている憧れの先生の講習がありました。

 

ぽっちゃりに起こった講習会での悲劇

その先生は、すらっと長い四肢を活かして優雅な踊りをされるので

動きは流れるように美しく、ぽっちゃりの私の憧れでした。

講習の日、先生の着ているレオタードも、

堂々とした話し方や表情も、とにかく何もかもが素敵に感じられ、

同じ空間にいられるだけで感激し、

ワクワクしながら講習を受けていました。

 

先生からバーレッスンで生徒全体に、

「脚の使い方に気を付けましょう。」

と注意が入り、直々に生徒一人ずつ手直ししていきます。

「なるほど〜。」

と直されていく友人達のビフォー・アフターを見ながら、

私の番が来るのを、ドキドキしながら待っていました。

前の子の手直しが終わり、

「さぁ、これから私の番だ!」

と体をより一層引き上げた時、

その先生は、まるで私の姿が見えないかのように、

(ぽっちゃりの私は人一倍面積を取っているのに!苦笑)

目も合わせず、横をサッと通り過ぎ、次の子の手直しに入りました。

「あれぇーーーーーっ?!」

とかなり動揺して、衝撃を受けましたが、

「出来ている人は直さないのでは?」

と可能性の低い見解で一先ず自分の身と心を守りながら

恐る恐る、先生の動きを観察し続けます。

 

でも、結局手直ししてもらえなかったのは、私だけ。

 

レッスンの後半、先生は私に声が届く位置に来て、

バレリーナスタイルの子を見ながら、

「細くて綺麗ねぇ。」

と一言。

「あぁ、この人は私がぽっちゃりだから、直さなかったのか。」

とはっきり理解できたと同時に、

「私のこと、醜いと思ってるんだろうなぁ。」

と何とも惨めで哀しい気持ちになりました。

この時の衝撃、不甲斐なさといったら…。

根本的には、ぽっちゃりな私が悪いのですが、

今思い出しても、何だか残念な気持ちになります。

  

そして痩せたくても、どうしても痩せられず、

不本意に重度ぽっちゃりを続けていた

私の自尊心は、かなり下がっていましたが、

この無視された経験は、追い打ちをかけるように

私の心にグサッと深く刺さり、

少しの間、私の気持ちはバレエから離れていました。

 

無視から学んだバレエ上達のカギ

でも、無視の大ショックから立ち直っていくうちに

私がぽっちゃりになったからこそ、

教えてもらえたことがあるなぁと感じました。

 

まず、私がぽっちゃり体型になったことで

無視した先生のように態度が変わる人、

変わらず指導してくれる人がいること。

そして、無視されて以後、

その先生の踊りが急に魅力的に見えなくなったのですが、

それは、私が表面的な踊りだけでなく、

本当の意味での表現力にも目を向けられるようになったからなこと。

そして、生徒としても、先生としても一番重要なこと。

問題は無視せず、解決策を見つけていくべきなんだという考え方です。

 

無視することは、人としての成長を放棄することになります。

出来ないことがあっても、無視せず、端折らず

今出来ることを少しずつコツコツ積み重ねていくことの大切さ。

遠回りなようで、結局一番の近道だと思います。

 

そして教える側となった今、まずは基礎を固めていくことと同時に、

骨格や体型で生徒の学ぶ権利を奪うことは決してしてはいけない

と強く心に誓っております。

今の体型がバレエ向きでないのは仕方ないじゃありませんか。

レッスン中、急に体型を変えられるわけでもありません。

 

出来ることをコツコツ増やしていくこと、

そうすることで自ずと体も変わってきます。

 

不本意ながらも重度ぽっちゃりだった当時は、

私は、なんて駄目な人間なんだと絶望していましたが、

解決策がないことは、あり得ません。

だから、どんな年齢で、どんな体型の方だろうと

問題解決しながら、その方が出来ることを増やしていくことで

絶対にバレエは上達するんです!

 

私自身、教える立場になって、色々な体型の方を見てきました。

ぽっちゃりさんだけでなく、細過ぎたり、

なかなか筋力が付かず悩んでいる方も沢山おられました。

バレエや体型だけでなく、人間関係や、仕事、

その他様々な悩みを抱えている方もいます。

 

それぞれに悩みはあっても、

バレエが好き、上手くなりたいという気持ちは同じです。

せっかく、生徒として、先生として、バレエのレッスンを通して

学ぶ機会が与えられたわけですから、多角的に物事を捉え、

一緒に問題解決に取り組む姿勢というのが、

上達、成長のカギになるのだと痛感した、ちょっと痛い思い出です。

 

重度ぽっちゃりだった私も、おかげ様で今はダイエットに成功しています。

そのお話しも、また紹介していきますね。