大人のバレエ上達倶楽部

大人バレエ初心者の「レベル底上げ」実現させます

保護ネコカフェで大人バレリーナを上達に導いた話

こんにちは。大人のバレエ上達サポーター、きよかです。

この間、保護ネコ達を集めた

保護ネコカフェに初めて行ってきました。

日本には各地に沢山あるようですが

カナダの地元には、開店して間もないここしかありません。

 

私は小さい頃から動物が大好きで、

特に中高生の頃、落ち込んでいた時期に

随分動物たちに助けられたので

何らかの形で恩返し出来たらと思っています。

 

今回は恩返ししようと思ったら逆にネコ達に

大人バレエ上達の大きなヒントをもらったお話です。

 

f:id:kiyoka-honami:20190331114816j:plain

 

大人バレエ上達の鍵はネコ

入念な消毒を行い、

注文したホットチョコレートを持って

保護ネコ達のいるエリアに入り、

ネコと戯れていた時のことです。

 

無心になって遊んでいるうちに

急にすごく共同意識が芽生えたというか

大人バレエの謎が解けたんです。

 

何かというと、

人間も動物なんだよねということを再認識したんです。

 

 

バレエのレッスンでは頻繁に、

「胴体は常に四角形を保ちましょう」

と言われるので、真面目に実行すればするほど

腕の自然な流れや、美しさとは

離れていってしまいます。

 

ネコ達を見ていたら、歩く時、

(人間で言う腕を動かす時ですね。)

もの凄い肩甲骨が動いているんです。

あなたもお家にネコちゃんがいたり、

テレビのワンシーンで

ネコ科の狩りなんか見た時のことを

思い出したら想像出来ると思いますが

【腕を動かす=肩甲骨を動かす】

という動作が成り立っているんです。

 

ところが人間になったら、

急に肩から下だけが腕だと錯覚してしまいますよね。

しかも胴体を四角形に保とうと思ったら尚更です。

確かに肩から下を腕って呼びますしね。笑

 

でも腕が始まるのって肩甲骨からなんです。

試しに「腕」だけを動かそうと思っても出来ません。

絶対に肩甲骨が動きます。

 

一瞬でポールドブラがエレガントに

最近ポールドブラに悩む生徒さん達が

私のレッスンを受けて下さることになりました。

それぞれ悩みは色々でしたが、

共通して言えるのが、肩甲骨が使えていない

ということです。

分かり易く言うと、腕の使い方が

不自然なロボットみたいになったり

胴体と腕がバラバラで、

全体的なしなやかさに欠けていたり。

 

ネコカフェでネコが歩く姿が

すごく分かり易かったので詳しく説明し、

それをイメージしながら腕を動かしてもらうと

皆、見違えるように美しくしなやかな

ポールドブラになりました。

それも一瞬で!

 

 

これほど肩甲骨の意識って大切なんです。

そう考えるとバレリーナの背中って、

みんな綺麗に筋肉が付いていることも

思い出してもらえるかと思います。

あれって、やはり肩甲骨を

意識して動かしているからなんです。

 

肩甲骨以外も何でもそうですが、

今まで使ってこなかった部分を使うと最初は疲れます。

でも少しずつでも良いので肩甲骨に意識を持っていき

だんだん使えるようになってくると、

背中の大きな筋力も使えることになるので、

他の筋肉に変な力を入れずに、

自然で、楽に、しかも美しく腕を動かせるようになります。

ブレも無くなってきますよ。

 

  

あなたも動物なんです!

それを再認識したからには、

私たちは人間として、

自分たちは動物であることも理解した上で

「腕=肩甲骨から」を意識して動いていくと、

自然で、エレガントなポールドブラが習得できますよ。

 

三大バレエの一つである「白鳥の湖」の

 白鳥の羽も肩甲骨が動きの起点ですよね。